• contact882587

【講談者】藤木庄五郎氏について

藤木庄五郎 プロフィール

エコロジスト

株式会社バイオームCEO

https://biome.co.jp/















2017年3月京都大学大学院博士号(農学)取得。 2017年5月 (株)バイオーム設立、 代表取締役就任。 熱帯ボルネオ島にて2年以上キャンプ生活をしながら、 衛星画像解析を用いた生物多様性可視化技術を開発。 生物多様性の保全が人々の利益につながる社会をつくることを目指し、 世界中の生物の情報をビッグデータ化する事業に取り組む。 現在データを活かしたサービスとしてスマトフォン向け生き物図鑑アプリ「Biome(バイオーム)」が累計22万ダウンロードを突破。京都市ベンチャー企業目利き委員会よりAランク認定を受け、京信イノベーションCファンドの投資案件第一号にも採択。経済産業省J-Startup認定企業に選ばれ、累計1億円以上を調達。


・講演内容


「可視化技術が拓く人新世の自然と人間の関係、市場価値の創出まで」


講演要旨:現在、地球は第6回目の大量絶滅の時代に入ったとされている。世界の動植物約100万種が絶滅の危機にあり、生物多様性の保全とその実用的なモニタリング(可視化)手法の確立が喫緊の課題となっている。近年の深層学習を活用した画像解析技術の進歩は目覚ましく、モバイル端末から得られた画像データの解釈を自動化することで、効率的な現地データ収集のブレイクスルーになる可能性を秘めている。この講演では、演者がこれまで取り組んできたスマートフォンアプリによる生物モニタリングの事業を紹介し、関連する分野を要説することで、生物多様性と人間の今後の関係性について考察を行う。



乞うご期待!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示